2019年9月7日 京都

投稿日:

日弁連主催の「第21回弁護士業務改革シンポジウム」が京都の「同志社大学今出川キャンパス」で開催されました。ビラまきなどの広報活動をしました。300枚用意したビラがあっという間になくなりました!

ビラまき後、全体会に参加。全体会では、日弁連会長、京都府知事、京都市長、京都弁護士会長がご挨拶されました。

その後、分科会へ。分科会では、裁判IT化、AI、eスポーツといった新課題が目立ちます。中小企業が99%以上を占める京都ですから、事業承継にも人気が集まっています。 それにしても、同志社の学び舎って全部おしゃれ~


弁護士保険関係の分科会に参加しました。改めて、法律扶助制度と弁護士保険制度の棲み分けというか切り分けをどのようにして、全ての方の裁判を受ける権利や法的支援を保障するのかは、とても難しい問題だと思いました。スウェーデンでも困難な課題とのことです。

というのも、スウェーデンでは、国の財政問題から、1996年に法改正、改正前は国民の8割が法律扶助を受けられていたのに、現在では逆に8割は受けられないとのこと。法律扶助を受けられない人については、政府が保険を半ば強制、その加入率は96%!しかし、保険外の自己負担も重く、権利擁護に疑義ありとのことです。

法律扶助制度と弁護士保険制度は大きな課題だと認識しています。まずは人権擁護の観点から、また、弁護士の業務という観点からも。

2019年9月5日 宇都宮

投稿日:

夕食をご一緒しながら、栃木県弁護士会のみなさまと意見交換会です。最初から参加者のみなさまにご意見とご質問をいただく方式でした。

議論はとても活発で、質疑のなかで重要政策のご説明もさせていただくことができました。栃木会のみなさま、ありがとうございました!いただいたご意見を私なりにまとめると、以下の感じです。

・法テラスは努力に見合った報酬を支払うべき。

・法テラスの報酬は安すぎる。これでどうやって事務所を維持していけるというのか。目の前の困っている人を助けたいという弁護士の良心を国がうまく利用している、ひどい制度ではないか。これでは若手弁護士はどんどん困窮していってしまう。

・法テラスの報酬増額も重要だが、償還免除の拡大を。

・裁判所に民意を反映させるため、弁護士任官などをさらに促進するべき。

・若い人は綺麗事ではついていかない。日弁連の金の使い方を見直すべき。

・62期、日弁連については、正直無関心だったが、変えると言われれば期待する。良い方向に変えてほしい。

・61期、弁護士が自由と正義のために暮らしていける素晴らしい仕事であるということに同感。

・23期、地方会から会長が出れば日弁連は変わる。

・60期、弁護士は60期以降は収入面では夢の見られない仕事になってしまった。

・63期、弁護士会が主張したからといって司法試験年間合格者が1000人以下になるのか。むしろ会費の問題など会内だけでできることに取り組むべきではないか。

・66期、谷間問題は言ってもしょうがないという気持ちもあるが、1000万円を超える借金をかかえている方もいらっしゃるし、世代間の断裂が生じているのではないか。会務とか弁護士自治とかは後回しになってしまう。日弁連の求心力が低下している。ブラック事務所問題も深刻で、早急な対応が必要。

・若手としてはなんでこんな業界に足を踏み入れてしまったのか、ほかの業界であればもっと待遇が良かったのではないかと思うことがある。

・情報公開を日弁連でも徹底してほしい。

・政治をどう動かしていくのか、とくに民主党政権以降に強権的姿勢を強めている政府とどう対決していくのか、具体策はあるのか。

・日弁連を変えるには、事務次長や嘱託などにどう動いてもらうか、そういう対応も重要になる。

・頑張って、日弁連に風穴を開けてほしい。

 ↓
なごやかに懇談しつつ、鋭く厳しい質問が矢継ぎ早に続きました。しかし、ご質問とご意見の全てに本気で弁護士と弁護士会の未来を考えていらっしゃることがうかがえて、共感し、シンクロし、感激しました。

栃木会のみなさま、ご準備いただいた伊澤さん(私は失礼ながら「盟友」と思っています!)、近藤さん(日弁連理事同期です!)、ほんとうにありがとうございました!

2019年8月23日夕刻 金沢

投稿日:

加賀百万石、金沢城の目の前、KKRホテル金沢で意見交換会です。

28期から65期のみなさまからたくさんの貴重なご意見をいただきました!概要、以下のとおりです。

・新65期、谷間世代を救ってほしい。

・61期、日弁連の谷間世代問題への対応などは中途半端。

・法テラスの報酬基準が低すぎるので、なんとかしてほしい。従来の3倍働かないと収入が維持できない。若い人だけでなく、年寄り弁護士もたいへんな状況。

・仕事がなくて困っている若手にどう具体的に支援するのか。

・事件、収入が減っているのは金沢の弁護士全般の問題。法テラスの報酬は安い。それに引っ張られて法テラス以外の事件の報酬も安くなっている。

・弁護士会がもしかしたら法テラスに乗っ取られるのではないかと思い、金沢はスタッフ弁護士を未だに入れていない。弁護士会が法テラスに飲み込まれてはならない。

・LACも問題が大きい。訴額低額事案では報酬が低すぎる。書類・手続が煩雑すぎる。複雑・メンヘル・困難事案が多くて対応に苦慮する。

・昔は日弁連は弁護士会や弁護士のためにやってくれるものだと思っていたが、最近は締め付けばかり。

・日弁連国選本部から刑事弁護報酬拡充のための案をまとめて日弁連正副会長会議まで通して進めていたのに、日弁連の法テラス担当部署である総合法律支援本部に反対されて頓挫した。その反対の理由は「法テラスが反対するから」だった。

・日弁連の委員会に所属しているが、近年、委員会の意見書がなかなか日弁連正副会長会議を通らなくなった。おかしい。

・日弁連は、都会(日弁連)と地方(単位会)のギャップを理解すべき。無駄な仕事を地方会に押しつけないでほしい。地方会は日弁連の下請けではない。

・62期、良い意味でも悪い意味でも無関心。日弁連が何をしているか分からない。

・38期、正直いって日弁連への関心が薄れていたが、もういちどやる気になった。


金沢会は日弁連会長選挙の投票率が高い会です。前回は全体の投票率が4割と低迷するなか、金沢会は7割近い投票率でした。

それでも関心が低いというご意見もいただきましたが、いえいえ、今回の意見交換会はとっても熱いものでした。懇親会もとっても楽しく議論活発で、新しい動きが生まれそうな胎動を感じました!

金沢のみなさま、ご準備いただいた山本さん、ありがとうございました。また、懇親会、山海の酒食、美味でした。ごちそうさまでした!

2019年8月23日お昼 福井弁護士会館

投稿日:

大阪から特急サンダーバードで福井へ。恐竜お出迎えの福井駅から徒歩15分、福井弁護士会館で意見交換会です。

少数精鋭で充実した会議でした!いただいたご意見は概要、以下のとおりです。

・57期、入会時は45人程度の会員数が110人ほどに増えた。

・福井でも本庁は弁護士が足りている感じ。人口の割に弁護士数は多い。ノキ弁、即独もいる。

・旧試組だが、法科大学院制度であったらお金と時間の面で弁護士になることはできなかったと思う。

・法科大学院制度は憲法22条に抵触するおそれがあるのでは。

・司法修習期間は1年半でちょうど良い感じだった。1年では短すぎる。

・弁護士への苦情が弁護士会執行部にたくさん寄せられている。弁護士にも専門医制度的なものを作るべきではないか。

ご準備いただいた笠原さん、ありがとうございました!

 

2019年8月22日夕刻 兵庫県弁護士会館

投稿日:

兵庫のみなさまと意見交換会です。

ご近所の湊川神社ではお祭りをしていました。晩夏って哀愁があって良いな~といつも思います。

意見交換会では、またまた勇気と元気をいただきました!

ご意見の概要は以下のとおりです。

・私たちが変わらなければ日弁連は変わらない。

・合格者数を減らさないと。法曹そのものの危機を感じる。

・法科大学院に金と時間をかける意味がわからない、要らない。

・若手としては、法科大学院に意義がないとは思わないが、強制されるものでもないと思う。

・発信を上手くして、こういう場に来られない人にも伝える工夫が必要。

・58期のころまでは弁護士に夢がある時代だった。

・大学に8年間いたが、大学や学者に法曹養成を任せてはならないと思う。

・70期、同期15人のうち3人はインハウスに。別の道ができるのは良いことかもしれないが、一方で弁護士とは何なのかとも思う。

・日弁連の谷間問題対策には疑問がある。

・弁護士は不況業種になってしまった。夢のある仕事に戻してほしい。

・公益活動をするにも、もう少し余裕がないとできない。

・日弁連は会員を苦しめているだけではないか。会員のための日弁連にしてほしい。会費の見直しを含めて。

・修習期間は2年必要。世の中に出てすぐ通用する弁護士たるには。そして給費無しなんて考えられない。

・合格者は年間1000人が限度だと思う。国の予算の点からしても。

・新65期、給費制が続くかとも期待していたのに、廃止になって絶望的に。日弁連には期待していない人が多い。インハウスや弁護士を辞めてしまう人が同期の4分の1くらいいる。就職が厳しかったし、パワハラで辞めてしまったり。キャリアが積めていない。いまも自信が持てないでいる。弁護士を続けることで夢を見られるような道を示してほしい。

・谷間対策で20万円ばらまくくらいなら、運動に使ってほしい。1回の返還額だって30万円なのに。

・日弁連を完全に見限りたくはない。少しでも良い方向に向かえば。

・71期、修習給付金13万5000円では自分は実家なので生活できたが、そうでない人は生活できずみんな貸与も受けていた。これで給費制復活というのは違う。

・法テラスの報酬が低すぎて、これでは仕事を続けていくのが不安。

せつなくなるご意見もいただきました。頑張らなくては!と改めて強く思いました。

兵庫のみなさま、ご準備いただいた武本さん、平田さん、藤本さん、ありがとうございました!懇親会も楽しく美味しく、ごちそうになりました!

2019年8月22日 お昼 大阪弁護士会館

投稿日:

弁護士会の看板が輝くヘリポートを備えた大阪弁護士会館で意見交換会を実施していただきました。

出席者は多くはありませんでしたが、27期から67期まで多彩なご参加者から、たくさんのいずれも貴重なご意見をいただきました。全てをご紹介はできませんが、以下、簡単にまとめてみます。

・誰の目にも明らかな法科大学院の失敗など司法「改革」20年の総括が必要。しかし、いまの日弁連執行部はこれをしない。

・視点を鮮明にして、争点を明確にし、ワンイシューとまでは言わないが、総花的ではない、絞った主張をした方が良い。

・法テラスに関しては、本気で国から予算を獲得してもらいたい。忖度しないで、国の厚かましいやり方を変えさせないといけない。

・給費制を復活させるように政府に迫っていく力を結集してほしい。

・会長が先陣を切って動くことで、変革の芽が出て、繋がっていくことになる。実現可能性が乏しいとか言って尻込みしているのではなく、実現に向けて動くべき。

・修習貸与金が支払えない。来月まで弁護士をしているかわからない。会務は一切しないので、他の若手の状況はわからないが、厳しい現状。

・国選弁護だけでもある程度の件数を受ければ弁護士としてやっていけるようにするべき。持続可能な制度にするように改善を求めていくべき。

・給費制、谷間世代問題について、最近の日弁連執行部は酷い。いないほうがまし。あまりにも不合理。

・情報が委員会や対策本部には降りてこない。日弁連は関連委員会や単位会の意見を聞いていない。

・厚顔無恥な人たちがいまの日弁連主流派を動かしている。これを変えないと。

・弁護士資格が単なる資格にすぎないという風潮、弁護士自体の変質に抗しなければならない。

・日弁連がこの数年、ほんとうに官僚化している。

・法テラス償還金の準生活保護免除について、書式を法テラスのHPに記載させることすら日弁連の総合法律支援本部は「ハレーションを起こすので止めた方が良い」などといって動かなかった。ところが、法テラスが混乱しないようにと自ら書式をHPにアップしたということがあった。なぜ日弁連がそこまで忖度するのかわからない。

大阪での意見交換、とても充実していました!勉強になりました。大阪のみなさま、ご準備いただいた国府さん、ありがとうございました!

2019年8月8日 長崎

投稿日:

長崎での意見交換会、ご参加いただいたのは、62期3人、63期1人、64期1人、67期2人、69期1人、修習生1人。全員60期台です。

若手のみなさまにお集まりいただき、とっても光栄です!まず及川からご挨拶と政策骨子の説明をさせていただきました。調子に乗って、40分以上話してしまいました。

その後の質疑応答について、雑ぱくですごくはしょっていますが、概要は以下のような感じでした。
・法テラスの秘密主義は問題。必携すら非公開。まず情報開示する必要がある。
・審査員として出したいが、だんだん厳しくなって報酬が出せなくなっている。
・6年間スタ弁の経験後、長崎に定着したが、法テラスのスタ弁への締め付けが厳しくなっている。スタ弁も飼い慣らされてきている。
・成年後見の無報酬案件を受けないようにとスタ弁が圧力をかけられるなどしており、都市型スタ弁の存在意義が問われる事態。
・非弁対策を政策に入れるべき。たとえば簡裁代理権を司法書士から取り上げてほしい。消費者被害になっているので。
・合格者年700人で弁護士人口が均衡するという主張はわかりやすい。
・地方会入会者が減った場合の地方における活性化や委員会負担の軽減も考えてほしい。
・地方は疲弊している。東京の論理でいろいろと仕事を増やさないでほしい。取組課題の整理縮小も必要。
・会務を削って会費の削減もありでは。
・過疎・偏在対策に日弁連の資金を使うことも検討する必要がある。地方会や弁連だけでは支えきれなくなってきている。
・谷間問題の院内集会に日弁連会長が出ないという話しに驚いた。
・法テラス関連の課題は早急に対応してほしい。財務省とも闘ってほしい。いままでの会長候補からは聞いたことのないテーマだった。
・後見の付保を強制すべきではない。東京など都会と地方は別でも良いはず。
・谷間世代の差別については合理的な理由が説明されていない。
・無報酬、低額案件が多く、体調も崩したりして、活動に支障が出ている。安心して働けるようにしてほしい。
・谷間世代に給付しないならば、給費も全額返すのが公平ではないか。

鹿児島、熊本、長崎と続き、元気と勇気を与えていただきましたし、真摯な訴えに、心が震え、心にしみました。やらなければならないと決意を新たにしました。みなさま、ほんとうにありがとうございました!

2019年8月8日 熊本

投稿日:

熊本での意見交換会、とっても楽しく充実していました。

ホテルでランチミーティングです。11時に開始、まず及川からご挨拶と政策骨子の説明をさせていただきました。調子に乗って、40分くらい話してしまいました。その後、お昼を食べながら、質疑応答の時間となりました。

ご飯を食べながらなので正確ではないのですが、やりとりを雑ぱくながらご紹介すれば、以下の感じです。
・熊本は司法「改革」により弁護士人口が3~4倍になった。もう顔が見えない状況。
・熊本では、支部にも弁護士は複数いて、弁護士が足りないとか、過疎偏在対応に苦労しているという状況ではない。
・弁護士人口を増やせば、過疎地に行く弁護士が増えるわけではなく、そこは政策が必要。
・64期のころは年20人くらいの新入会員がいたが、71期では6人くらいに落ち着いている。
・熊本ではもう弁護士は足りていると思う。
・かといって募集をしても応募がないという状況でもない。
・はっきりいうと地方では合格者減にしてくれるのであれば歓迎。ただ、都会では弁護士需要があるように見えるので、その対応も必要ではないか。
・弁護士が増えて、かえって委員会活動にくる人数が減った。一部の弁護士に負担が偏っている。
・司法予算が増えないのはなぜか。
・金もなく兵站もないのに兵数だけ増やし戦線を拡大している現状は日本軍を彷彿とさせ、いずれ悲惨な結末に至るのではないか。
・昔はどのようにして顧客開拓をしていたのか。
・法テラスの報酬もそうだが、LACについても、報酬が低いので、最低でも着手金10万円報酬20万円を確保してほしい。
・後見についても無償などの問題がある。そのうえ損害保険料を強制的に負担させることには熊本の高齢者委員会は明確に反対。
実に有意義な意見交換会でした。参加された熊本会員は主催者を除きほぼ全員が60期台でした。熊本のとくに若手のパワー、すごいです!

2019年8月7日 鹿児島

投稿日:

鹿児島で意見交換会。以下のような質疑が交わされました。

Q 司法試験の受験資格はどう考えるのか。
A 誰でも自由に受けられる試験にすべき。法科大学院を前提とせず、その場合には予備試験も廃止すべき。

Q もとに戻すということか。

A 良いところはもとに戻すべき。ただ、裁判所主導や弁護士教官の派閥人事などに関しての研修所改革などは必要だと思う。

Q いま法科大学院にいる人や受験中の人たちをどうするのか。

A 経過措置の検討は必要だと思う。現行に移行するときも時間をかけて段階的に旧試を縮小した。今度は段階的に法科大学院組を減らしていって、最終的に誰でも自由に受けられる司法試験に戻せば良いのではないか。

Q 法曹養成制度にしても法テラス問題にしても実現可能性はどうなのか。
A 声を上げなければ永遠に実現しない。いまの日弁連執行部は声も上げない。摩擦を恐れず言うべきことは言うべきときに言うべき。そして、実現に向けて動くべき。

そのほか、谷間問題にあきらめずに取り組んでほしい、過疎偏在対策について誠実に考えて政策が記載してあったことを評価する、などなどご意見をたくさんいただきました。

8人が賛同者になってくださいました!

2019年7月26日 釧路

投稿日:

北海道弁連大会です。

ビラを200枚以上まきました。

弁護士人口はいま4万人ですが、10年後に5万人、20年後に6万人に。その危機感が、薄いと京都と札幌では聞き、深刻と釧路では聞きました。

どちらが本音なのでしょう?

釧路のある弁護士に聞いたところ、本音を言えば、もう増えてほしくないと思っている弁護士がほとんどではないか、とのことでした。

仕事は減っているし、人口は特に地方で著しく減っていくし、戦々恐々としていると。